忍者ブログ
Admin*Write*Comment
フォルクロゥレ
[680]  [679]  [678]  [677]  [676]  [675]  [674]  [673]  [672]  [671]  [670
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

水曜の夜はリンバス活動なのだが、
今週はリダ的存在のヘラさんが海外旅行のため、欠席。

「集まれるメンバーでアポリオンに行ってきて byヘラさん」

とのことであったが、集合時間になっても
集合場所であるジュノに居るのは、カプチさんと俺のみ。

そのカプチさんと相談した結果、今回は中止。


中止が決まった丁度、そのとき
アモさんがAウルガランのドミニオンに誘ってくれたので
ありがたく馳せ参じることにした。


俺は絡繰士で出撃。

ツクシは黒魔タイプ。


アモさんとパーティを組んでいたのは
ジョブエモが実装された際に、グスゲン鉱山で同席したお2人様だった。

このドミニオンのときのお2人は共に学者さんだった。

パッと見、全身学者AFのようだったので
何処かの学校の男子生徒と女子生徒ふうであった。



今回の戦闘の流れは

アモさんが野牛を釣ってきてくれる。

アモさんと俺とで1~2割ほど野牛の体力を削った辺りで

2人の学者さんとツクシによる合計3発の精霊が炸裂。

気の毒に思うぐらい野牛の体力が一気に激減して終了。


このような感じであった。

場合によっては精霊が1~2発、増えることもあるけど、
(ツクシがアブゾインやアスピルを使ったり、精霊をレジられたとき)
野牛の体力がちょっと減り始めたときに
ディプロイ(オートマトンへの攻撃命令)しないと
ツクシのストーンVの詠唱が間に合わずに
野牛が沈んでしまうほどのスピード展開だった。

そして俺はといえば、精霊の着弾によって
学者さんに駆け寄っていく野牛の巨大なヒップを追いかけて
数発ぺちぺち殴る程度でしかない。


・・・


否、分かってはいる。

俺は絡繰士であり、ツクシは俺の半身。

絡繰士とオートマトンは呉越同舟一蓮托生の二人三脚。

オートマトンと共にあってこその絡繰士であり、
ツクシの活躍とは、すわなち俺の活躍でもあるのだ。



だが



アモさんの釣り!

学者さんお2人の精霊!

ツクシの精霊!

「ぶもー!」と動き回る野牛のでっかいお尻を
アフリクターでぷちぷち突っつくだけの俺!


orz


 /comfort


でもいいさ!

アフリクターの効果で、野牛のお尻を一発、ポコっと蹴ってやったからな!
(足くじきそうになっt )


まぁ俺本体はそんな不甲斐ない調子ではあったものの
ドミニオン自体は皆の活躍で好調に連続クリア。

小一時間ほどの参加だった俺も、メリポが5も溜まってホクホク。

誘ってくれたアモさんに感謝である。





そのドミニオンを終えたのが、1時ぐらいだったと思う。

そこから俺は白魔に着替え、海蛇の洞窟に向かった。


格闘武器:エグゾセ狙いでサハギンNMを2回撃破したが、
初戦では、海苔一枚。
2回戦めでは、イワシ一匹。
という無残な結果に終わった。
(一度の撃破につき、4000ギルぐらいの報酬はあった)

しかしそこで諦めてしまえば、それこそ、その2戦に費やした5時間が無駄になる。


先の2戦では、サハギンNMは、エグゾセを持って来忘れただけなのだ。きっと。

文房具だの教科書だのノートだの、授業で使う道具とかを
しょっちゅう忘れてきちゃう生徒と同じなのだ。

こうなったら、持ってくるまで
熱血教師の俺が暑苦しいほど親身に教育してやるのだ。

その親身っぷりは、レベル15のシーフをサポに備えたことからも窺えるのである。



で、このサハギンNMを出現させるために
その辺の雑魚サハギン(槍サハギン)を倒していたら
フレあ♪が話し相手になってくれた。

状況を簡単に説明すると
フレあ♪も、とあるアイテムを入手するために
膨大な数のNMを倒したことがあるとのことであった。


海苔一枚、イワシ一匹だので
ヘコたれるなんざ(ヘコってないけど)甘すぎるのだ。
上等だコノヤロウ!ぐらいの気概が必要なのだ。

俺が普段、参考にしているFF11情報サイトでは、
このサハギンNMについては
「そこらの槍サハギンとの抽選POP」程度にしか記されていなかったのだが、
フレあ♪によれば
俺が陣取っている区画の槍サハギン2匹が対象であり、
前回の討伐から2時間後から抽選開始らしい、とのことであった。


そっか・・・2時間の空白があるのか・・・やっぱりな・・・w

抽選だからって、NM倒したあと、槍サハギンを無闇に倒して、
すぐにNMがまた登場するってことはないだろうなぁ、とは思ってたさ・・・

けど、何時間置きとか、
どの槍サハギンが抽選対象なのかも記されていなかったら、
NM倒したあとも、ぶっ続けで周りの5匹ぐらいの(つまり3匹余分)
槍サハギンを無意味に狩り続けちゃっt



そのとき、件のサハギンNMが俺の目の前にポップした。

パライズで釣ろうとした。

俺のパソコンでは「ぱら」が
「/ma パライズ <stnpc>」に変換されるよう辞書登録してある。


このとき、「ぱら」と打ったつもりでエンターキーを押したら


ぱあ


と口走ってしまった。


Rが足らなかったようである。

パアなのは俺だった。


次は確実にパライズで釣って、戦闘を開始。

苦戦する相手ではない。

要は今回、ちゃんとエグゾセを忘れずに持ってきたかどうかなだけである。









ここでニュータイプの俺は鋭く閃いた。

今の俺はサポシ。
【ぬすむ】を実行できる。

何かを盗んでおけば、倒したときの報酬にエグゾセが現れやすいのではないだろうか。

例えば、前回のように本来、バストアサーディンしか出ない場合でも
予めバストアサーディンを盗んでおけば、
倒したときのドロップ品として
エグゾセが出現する可能性が増えるのではないだろうか。
(注:この男、【ぬすむ】やドロップ枠のシステムを全く、理解していません)

俺とて、じーさん・セイド・俺の3人による盗賊団の一柱なのだ。


Nawosuke は ぬすむ の構え!


しゅばばっ!


なにも盗めなかった。



ひーはー!(*´ω`*)



先生、悲しいぞ!

オマエをそんな子に育てた覚えはない!


というワケで、聞き分けのないサハギンNMを教育的指導のもとに撃破。




Nawosuke は コバルトジェリーを手に入れた!


真っ先にそのログだった。



・・・



最初は、海苔一枚。

第2戦は、バストアサーディン一尾。

そして第3戦では、青クラg



Nawosuke は エグゾセを手に入れた!



!!!









俺の熱血指導はしっかりと伝わっていた。

最初の出会いでは「なにを言ってやがる」程度にしか思わなかったのであろう。

初対面で俺が熱く語っても、戸惑うだけだったのは分かる。

だが2度目の接触時の表情と眼差しは、こう語っていた。
「この人・・・今までの大人とは違う・・・私を理解してくれるの?」


そして3回目の接触となる今日。

心と心、拳と拳で語り合った。


おまえのサハギン魂を見せてみろ!


この迸るマグマの如き情熱の叫びで、サハギンNMの凍りついていた心は熔けた。

その証としてサハギンNMは俺に、エグゾセを託したのであった。



・・・のかどうかは知らないが、
俺は急いで海蛇の洞窟をあとにして
応援してくれたフレあ♪に、エグゾセを装備したところを見てもらった。









そして、フレあ♪の目の前で早速、試した。


隠し性能として海産物を生で食べられるようになるという効果を。



おお・・・



ホントにそのまま、生で食せました!


エグゾセのオプションで着いてきたコバルトジェリーを!(真っ青なクラゲ)

電化製品を購入した際に同梱されている電池をセットする的な。
おそらく、このコバルトジェリーは、海産生食お試し版だったのだ。


 毒ありそう ><;



コバルトジェリーの解説には、こうある。


ミスラはこれを食べることができる。
DEX+1 MND-3 5分持続(ミスラのみ)



つまりエグゾセを装備しているときの俺は、身も心もミスラってことだ。

一見、眠たげなインディアンだろうと、心の目で見れば、
ぴこぴこ猫耳と、ゆらゆら尻尾を供えた立派なミスラなんだにゃっはー (*`ω´*)













PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
■ゲーム語り中心 時々日常生活          ■FF11 Online関連:         当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。Copyright (C) 2005 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
  • プロフィール
HN:
風の谷のナヲシカ
性別:
非公開
職業:
サイボーグ忍者・改
趣味:
悪魔召喚
  • カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  • 最新コメント
[11/01 ヘラ]
[10/18 あ!]
[10/07 ヘラ]
[10/07 ヘラ]
[10/06 あ!]
[09/20 あじゅう]
[09/10 あじゅう]
  • FF11ぷろふ(随時変動)
  • 逆鱗日和
  • 最新トラックバック
  • ブログ内検索
  • バーコード
Copyright © フォルクロゥレ All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]