忍者ブログ
Admin*Write*Comment
フォルクロゥレ
[659]  [658]  [657]  [656]  [655]  [654]  [653]  [652]  [651]  [650]  [649
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

メロメロ大パニック★の翌日。


俺が参加したアビセア乱獲はフルアラであり、
なんと俺以外の17人全員が外国人さんだったようである。

皆が何を話してるのかほとんど、チンプンカンプンでぇース (`ω´;


聞いたところによれば、だが
細かいニュアンスのやり取りが必要になったりもするアビセアでの戦闘においては、
以前より外国人さんと組む機会が少なくなったとのことである。

だからメンバー募集のシャウトにしても、
入力の手間を省くために定型文を使うことはあっても
それが外国人さん向けではない場合が多いそうである。
要するに、はじめから外国人さんを必要としていないということである。

日本語バリバリのシャウトでは
まず殆どの外国人さんは内容がなんなのか理解できない。
アビセアでのメンバー募集であることぐらいはなんとなく分かっても
型紙集めなのか
アートマ狙いなのか
乱獲なのか、までは分からない場合も多いと思われる。
だからメンバー募集のシャウトに乗ることができない。
故にNAとJPの隔たりが広がる、と。


俺が参加したフルアラも、もしかしたら、その影響によるものなのかもしれない。


メンバー募集のシャウトをしていた相手が外国人さんらしいと思ったので
俺は「【白魔道士】/【学者】 【参加希望】【はい お願いします】^^」と伝えた。

俺自身に「^^」は似合わないような気もするので
普段はあまり使わないのだが、このときは
「^^」によって、JPであることをさりげなくアピールしたつもりだった。


すぐにパーティ要請が来て、俺はパーティメンバーの一員となった。


パーティに組み込まれた直後の挨拶では
「【はじめまして】 よろしくお願いします」と発言した。

ここでもNA・JPともに理解できて、更に探りを入れるという
地味ながらハイブリッド(?)な挨拶をしてみた・・・のだが
返ってきた挨拶は軒並み【こんにちは】という定型文のみ。

あら?と思った直後に飛び交う会話は、全て英文。

その時点で既に2PTぶんぐらいのメンバー数は揃っていた。

それだけ居れば何人かはJPも居るのではないか?と思うも
俺以外の誰一人として日本語は話さない。
結論からいえば、最後まで一言も日本語を見ることはなかった。


ここで思ったのが、NA向けの日本語解説サイトがあるかもしれないな・・・と。

例えば、
乱獲=(英文で)手当り次第に獲物を狩ること。
アビセアにおいては、経験値稼ぎであることが多い。
同時に時間延長を兼ねているケースもある。
発音は ra n ka ku
乱は「みだれる」とか「荒々しい」であり、獲は「獲物」という意味である。
日常生活でこの言葉を無理に使えば、ユーが警察官に乱獲されるかもなhahaha!

とか

w=語尾に「w」が付く場合は、我々でいう【lol】である。
wが多ければ多いほど、大笑いであることを意味する。
この解説は分かり易かったろう?www

みたいな感じなのかもしれない。


あるいは、NAから見た日本人の特徴や
奇異に見える点なども紹介しているかもしれない。
見てみたいような・・・しかし見たら頭を抱えることになりそうな (`ω´;



まぁ、そんな妄想サイトはともかく
この時のアビセア乱獲の場所はAアルテパ。
獲物はドール族。

にも関わらず、魔法による回復係を俺も含め4人ほど用意しているということは
感知される前に倒せばいいんだぜ!とか
感知されるのも釣りのうちだぜ!みたいなノリだったのかもしれない。


このときもドミニオンを受けながらの乱獲。


俺が所属するパーティのタルタル戦士(サポ忍)が、とにかくバーサーカーだった。
ホントにアビリティのバーサクもやってるし
思いっきり敵に突っ込んでいくし、体力が減っていても率先して挑発。

盾役・削り役として頑張ってくれていることは充分伝わってくるのだが、ともすれば
ちにたがっているようにすら見えるほどのチビッ子暴れん坊将軍だった。

体力満タンにしても次の瞬間には、体力半分ぐらいになっている。
そんなに暴れられては、まさにMPスポンジでしかない。

しかしどういうワケだか
体力半分ぐらいになると、そこから被弾率が下がるらしく、
最前線で踏み止まっているにも関わらず、しぶとく体力をキープして生き残る。

俺、そして俺と同じPTに所属していたもう一人の白魔ヒュム男さんも
ケアル系の殆どはそのバーサクタルタルに注ぎ込んだようなものである。


一方、敵のドール族もメルトダウンという切り札技を有している。
メルトダウンを使ったドール族は戦闘不能になるものの
引き換えに強烈な範囲ダメージを撒き散らす。
それでも一体がメルトダウンするぐらいなら大体、回復は間に合う。

しかし2体ほぼ同時にメルトダウン!とかだと
何人かが一瞬にして戦闘不能になる。
「あー、体力減ってきた、回復しなきゃ」ではなく、
前触れもナシに、いきなり何人かが戦闘不能になる。
実際、フルアラの1/3ぐらいが一気に戦闘不能になったのも1度や2度ではなかった。


だが、経験値の入り方は抜群だった。

乱獲が始まって間もなく、俺は白魔レベル90となり、
先の限界突破でスッカラカンになったメリポもグイグイ貯まっていく。
先日までメリポ上限だった10を超え、20に近づいていく。


20になったところで、俺はリーダーの許可を得てから
一旦、ジュノに戻り、白魔と絡繰士にメリポを振り分け、
今度は絡繰士としてAアルテパに舞い戻った。

今度はツクシと共に暴れるぜ!

しかしこのときは俺と同じようにメリポ20になった人が
ドンドン抜けていったようであり、俺がAアルテパに戻って、
75から76になって少しした頃には
俺を含め残り人数僅か4名となってしまい、そこで終了したのでありました(`ω´)=3








 このときのSSは撮り忘れていた模様。

 なので、このときの活動とは全然関係ないけど
 アビセア繋がりということで、ハエ。

 絡まれたり戦ったりすると厄介な相手だが
 停止しているときはキョロキョロしていて愛嬌があった。

 そこで「よく見るとハエかわいいね」と言ってみたら
 バレさんには「どこがww」と笑われ
 ソパちゃんには「えー(´・ω・`)」言われる始末 orz
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • 無題
Warabi 2011/05/24(Tue)18:49:40 編集
おードミニオンっていうのも追加されてるんでしたねぇ、、、
死闘買わなきゃ、、、(ーー;)
てか、その前に限界突破もしないと、、、
あ、オーディン欲しいからアトルガンミッションもしないと、、ってヴァナはやること大杉www

ps ナヲさんツイート長い~っっw
リツイート書くスペースないしっっっwっw
  • Re:無題
風の谷のナヲシカ 2011/05/28 00:34
ぐああ 更新サボってて誰も見てない思ってたので
俺自身が自分のブログ見てなかったよぉぉ
返信遅れてゴメン(つД`)

ドミニオンはアビセア版のFOVって感じで少人数でも稼げるよぉぉw
少し前にも記事で載せたけど
フレさんと俺(とツクシ)の2人PTで、しかも俺とツクシは全くの戦力外ながら
二晩(一晩2時間ぐらいだったと思う)で
絡繰士のレベル67から75になったぐらいだからねー。
ドミニオンでガッツリ稼いでるうちに印章も貯まっちゃうかもよ。

俺もオーディンとアレキサンダー欲しいなぁ
機会があれば取りに行きたいねw

俺のツイートにそんな弊害があったとは!
あれでも俺としては随分、文字削ったんだけどwww
短く!を心掛けもす! (`ω´;ゞ
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
■ゲーム語り中心 時々日常生活          ■FF11 Online関連:         当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。Copyright (C) 2005 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
  • プロフィール
HN:
風の谷のナヲシカ
性別:
非公開
職業:
サイボーグ忍者・改
趣味:
悪魔召喚
  • カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
  • 最新コメント
[11/01 ヘラ]
[10/18 あ!]
[10/07 ヘラ]
[10/07 ヘラ]
[10/06 あ!]
[09/20 あじゅう]
[09/10 あじゅう]
  • FF11ぷろふ(随時変動)
  • 逆鱗日和
  • 最新トラックバック
  • ブログ内検索
  • バーコード
Copyright © フォルクロゥレ All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]