忍者ブログ
Admin*Write*Comment
フォルクロゥレ
[664]  [663]  [662]  [661]  [660]  [659]  [658]  [657]  [656]  [655]  [654
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

テリガン岬にて絡繰士をレベル77に仕上げた翌日。


78になれば、オロール防具一式を着られるようになるし、
79になれば、アビリティ【タクティクスウィッチ】を習得できる。

早くレベル上げに出かけたい!

・・・ところではあるが
その前に格闘スキルを上げておかなければならない。


今現在の俺の絡繰士レベル77相応のスキルキャップまで
【格闘を鍛えることができて、尚且つソロで倒せる敵】となると・・・

■ ボヤのカニ。
■ グスタフのガイコツ(戦士タイプ)。
■ お空のロボット。

この3つぐらいだろうか?


戦い易さでいえば圧倒的にカニだとは思う。
しかし・・・というか、だからこそ、ボヤには大抵、ライバルがいる。
ライバルが3~4も居れば、獲物の奪い合いになってしまう。

というワケで先ずは、ボヤを候補から外した。



そこで俺が向かったのは、グスタフの洞門。
考えてみれば、数えるほどしか来たことのない場所である。


真っ直ぐなトンネルの中程で垂直に曲がり、幾つかの区画が繋がる場所に出た。

戦士タイプのガイコツとの戦闘は余裕・・・なのだが
スキル上げの相手としては役不足だった。

【おなつよ】もいるにはいるけど
どういうわけだか
その周りには【おなつよ】の魔法使いタイプの骸骨が
ペアのように寄り添っている場合が多い。

魔法タイプは厄介すぎる。
サイレスで釣って、ディスペルでアイススパイクを解除できるならともかく
サポ踊の絡繰士にそんな器用な真似はできない。

更には生態感知に引っかかったりだとかの事故が発生して
そのまま倒されてしまえば
余程、倒れた場所に恵まれているか
タイミングを見計らわなければ、リレがあっても起き上がることもできない。

そこらを泳いでいた魚でも一応、試してみたけど
やはり格闘スキルの上昇は見込めなかった。


「もう少し奥のほうに行けば、良さげな場所があるかなぁ」思い、
いざ奥に行こうとしたら
進もうと思っていた暗がりから
「呼んだ?」みたいな顔したワイバーンが、ぬぅっと姿を現した。

呼んでねぇし、しかも【つよ】。

まだ俺が居る位置からは全然遠いけど、
ツクシと俺を待ち構えてるかのようにこっちを凝視している。


 コッチ 見ナイデ~ww (*ノノ)

 ・・・退散すっか (`ω´)=3


検証結果:ここはあまりよろしくない。




というワケで、グスタフの洞門から脱出。

次に俺が向かったのは、空ことル・オンの庭。


空は、ずっと前から、ツクシと共に訪れたいと強く思っていた場所のひとつである。

そこで俺は、リ・テロアのOPに飛び
ロ・メーヴと神々の間は徒歩で経由して、ル・オンの庭を目指した。


ツクシを初めて、空に連れてくるに際し、
デム・ホラ・メアの転送装置で一気に空に行ってしまうのは
ちょと味気ない気がしたからである。

俺が初めて神々の間を訪れたのは、
まだ俺が弱っちいときに、あ♪が連れて来てくれたときのことである。
あの荘厳な雰囲気に満ちた場所を、ツクシと通りたかった。


しかし驚いたことに、神々の間に入った途端、ツクシが消えた。


ペットは戦闘が発生し得る場所にしか出現できない。

確かに神々の間は、敵が存在しない場所ではあるけれど
ロ・メーヴとル・オンの庭を繋ぐ【通路】であり、街ではない。

・・・いいじゃん、ペットが存在しても!
ツクシと神々の間を通って、転送装置を使って、光と化して上空に運ばれて、
歩いた箇所が光る通路を通って、ル・オンの庭に出たかったのに!



そんなわけで、俺は一人しょんぼり神々の間を通ったのだが
実際にル・オンの庭に到着したら、
ロ・メーヴから神々の間へと移った際に消えたツクシが
その場にヒョコっと現れた。


 先回りしてたのか? (`ω´;

 ナイショww (*ノノ)









ツクシと空を眺めながら思う。



 絡繰士として、ここで戦えるほどのところまで辿り着いたんだな

 ウン

 まだまだ先は長いけどなw

 ソダネw



FOVの本の場所と、ロボットの位置関係を下見してから
FOVの3ページめ:ロボット11体の訓練を受ける。


一先ず、丁度から試してみた。


グスタフの洞門の丁度の骸骨と違い、丁度のロボットでも格闘スキルが上がる。

ラ・ロフの劇場への入り口付近のロボットは俺から見ると、
おなつよが5割ぐらいで、つよが2、丁度が3といったところだろうか。

丁度のあと、おなつよに挑戦してみた。
やはり丁度より、歯応えはあるものの倒せない相手ではなかった。
モグタブレットの【努力の天才!】の効果もあってか、
格闘スキルの上がり具合も良い。


■ 壁に埋まったロボット以外なら、そこらのロボットや壷は魔法にしか反応しない。
■ ツクシの魔法は、モンスターの魔法感知の対象外なので、撃ち放題。
■ ロボットや壷はリンクしないので、対峙している相手に集中できる。
■ ロボットの特殊技によるスタンは鬱陶しいけど、それほど長続きはしない。
■ スロウ効果は俺のヒーリングワルツで解除できる。
■ 万が一、戦闘不能になってしまっても、起き上がった途端に絡まれることもない。

ただひとつ、メルトダウンにさえ気をつければいい。


 オトーニャン、ココ 当タリ カモ シレナイネ! (*゜∀゜)=3

 おう! グスタフの洞門に行ったのも無駄じゃなかった! ヽ(`Д´)ノ



ロボットとの戦闘中は、メルトダウン対策として
即座に走って逃げるために、ターゲットロックを外してある。

上手く逃げれば、メルトダウンのダメージを喰らうことなく、
ロボを自滅させることができるそうである。


だが、本来の目的はあくまで格闘スキル上げ。


なので、ダメを喰らう喰らわないとは関係ナシに
戦闘が終了してしまう自爆をされてしまうのは、あまり好ましくない。

とはいえ、FOVの撃破数や経験値は稼げるので
まぁ許してやろうではないかね(〃 ̄ー ̄〃)


 オトーニャン、太ッ腹!

 はっはっはww 調子出てきたぞ~! 行くぜ連環六合拳ッ



Nawosuke は連環六合拳の構え


よりによってその直後、ロボットがメルトダウンの構え



うそ ((((;゜Д゜)))



やばいと思った時点で中断すりゃいいものを
俺が6連打の連環六合拳を全て撃ち終えたときには
ロボットは完全に宙に浮いて、足を収納し終えるところだった。


 逃げるぞツクシ! ><;

 ムリ ><;



俺が振り向いたかどうかの刹那



メルトダウン炸裂








940もの大ダメージを喰らった俺の体力は言うまでも無く、残り僅か。
メルトダウンの前にもぉちょいダメージが蓄積していたら
綺麗に昇天していたことでしょう (`ω´;


イメージ的には、ツクシも俺も爆発によって
煙の立ち昇るアフロヘアーにでもなったような気分だった。


 ドリフ! (*゚∀゚)=3







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
■ゲーム語り中心 時々日常生活          ■FF11 Online関連:         当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。Copyright (C) 2005 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
  • プロフィール
HN:
風の谷のナヲシカ
性別:
非公開
職業:
サイボーグ忍者・改
趣味:
悪魔召喚
  • カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
  • 最新コメント
[11/01 ヘラ]
[10/18 あ!]
[10/07 ヘラ]
[10/07 ヘラ]
[10/06 あ!]
[09/20 あじゅう]
[09/10 あじゅう]
  • FF11ぷろふ(随時変動)
  • 逆鱗日和
  • 最新トラックバック
  • ブログ内検索
  • バーコード
Copyright © フォルクロゥレ All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]